資料請求・ご相談

従業員満足度調査

360度評価

その他サービス

事例・インタビュー

組織づくりコラム

リアルワンについて

お問い合わせ

よくあるご質問

キーワードから探す

上司2名、同僚3名、部下3名など、協力者の種別ごとに複数名いらっしゃるのが望ましいです。部下は全員参加とし全数調査にされる企業もあります。複数名いることで、多様な視点を取り入れることができ、回答が特定されにくくなるためお勧めしています。
ただし、人数を増やすため、日頃仕事を共にしていない方や、付き合いの期間が短い方などを無理やり協力者に選定すると、適切な評価が得られなくなります。ご事情を踏まえた協力者の決定が大切です。

協力者の回答に対する懸念も、対象者の物と同様、事前の紹介と説明を丁寧に行い、納得感のある実施・運用を行うことが重要になります。
一方、この懸念は外部の専門業者を利用するメリットの一つに挙げられます。個別の回答内容が社内に知られることがないため、より安心感をもっていただくことができます。

事前の紹介と説明を丁寧に行い、納得感のある実施・運用を約束することで、マネージャーの緊張や抵抗を緩和することができます。
また、調査後のフィードバックを適切に行えば、結果も素直に受け入れてもらえるはずです。担当者の感想として「心配したけど、むしろ社員からはプラスの反応が多かった!」という声が多数です。

いいえ、業種はさほど関係ありません。リーダーシップ・アセスメントの評価項目は、管理職やマネージャーが対象です。汎用性の高い項目であり、マネジメントやリーダーシップに関わる職務行動を網羅的に測定できます。リーダーシップやマネジメントに着目し研究・開発された項目であるため、多くの業種でご利用いただけます。
また、実際の項目をご覧いただき、表現の調整や、オリジナル項目で補完して実施することも可能です。

360度評価は、一般的に能力開発が目的であり、人事考課や昇進・昇格の材料といった目的で使用されることは少ないようです。
しかし、昨今の時代背景や風潮もあり、人事考課や昇進・昇格の参考データにされる企業も増えています。
ただし、もしそのようなご希望があれば、能力開発とは違った検討が必要なため、それに沿った準備が必要です。

360度評価という名称ではありますが、「周囲から評価される」ではなく、むしろ「周囲の認識を知る」に近いものです。
例えば、「あなたのリーダーシップが高い・ 低い」ではなく「あなたのリーダーシップをこう認識している」というイメージだとお考えください。評価レポートでも、このような表現を心掛けています。

今後、企業が成長していくためには、「女性の活用」が欠かせなくなると言われています。貴重な戦力である女性を簡単に退職させてしまっては、企業にとって大きな損失です。長期間、雇用し続けられてこそ、成長の礎ができるのです。
つまり、企業は、女性の結婚、出産、育児でキャリアが中断しない制度を作らなくてはいけなくなるのです。
そのために、まず必要になることは、「働く女性の声を聞くこと」。つまり、従業員満足度調査(ES調査)の実施です。なにに困っていて、どう改善してほしいのか。本当の声に耳を傾けることにより、効果的な改善策や人事制度が出来上がるでしょう。
そして、その改善活動を継続することにより、従業員満足度(ES)は高まり、それが評判となって、新卒や中途の採用でも、優秀な女性が採れるようになるはずです。

近年、メンタルヘルスの重要性が認識されています。ストレスチェックの導入義務化なども記憶に新しいところです。従業員がストレス状態になるのは、不満が鬱積し、それを解消する機会がないからです。従業員満足度調査(ES調査)により、少なくても声を上げられる場面があるだけでも従業員の心理は違ってきます。従業員の心身の健康を維持し、高いパフォーマンスが発揮できる環境を整えることは、もはや企業の義務とも言えるでしょう。従業員の不満を吐き出させる機会としてだけでも、従業員満足度調査(ES調査)を導入する意味があるのではないと考えています。

リアルワンの従業員満足度調査(ES調査)は組織の種類やその規模を選びません。どのような組織体であっても、そこに所属しているのは「人」です。人が抱く感情に大きな違いはありませんので、その結果が的外れで利用価値のないものになることはありません。

03-6222-8741

[営業時間] 9:00~18:00