従業員満足度調査・360度評価ならリアルワン

お問い合わせ

03-3666-1702

リアルワンが選ばれる理由

サービス一覧

会社案内

よくあるご質問

お客様の声

Information

03-3666-1702

[営業時間]月曜〜金曜 9:00~18:00

お問い合わせ

インフォメーション

2019.09.19

COLUMN

360度評価

女性管理職~それぞれのStory~
<さくらさん 経理→管理職→専業主婦>

女性の活躍を推進するムードが高まっている昨今、さまざまな業種・規模の企業において女性管理職が増えています。しかし一方では、上司や部下との関係性や仕事と家庭との両立など、仕事以外の悩みを抱える女性リーダーも少なくありません。

女性としてどう考え、どのようにキャリアステップを踏んでいくべきなのか。このシリーズでは女性管理職のリアルな声を紹介し、管理職を目指す女性に勇気を与えられるコンテンツを目指しています。

リアルワン株式会社では「360度評価サービス」を提供し、管理職の方を始めとする個人の成長をバックアップしています。多くの女性が活躍する時代。ご自身の能力を存分に発揮し、自分らしい働き方を実現できる社会になることを願っています。

今回のゲスト:さくら様(36歳)

プロフィール: 大学卒業後、貿易業を営む企業に入社。経理を担当し、33歳で管理職に昇進。夫の転勤を機に退職し、現在は専業主婦。

【前職】
業種:貿易業
職種:経理
ポジション:管理職

【現在】
専業主婦

【目次】
1.「女性の力を伸ばす」会社の方針を受けて、33歳で管理職に昇進
2.部下になった先輩や同僚との関係性に苦悩する日々
3.残業続きでぐったり……。家事ができない私を夫が支えてくれた
4.夫の転勤を機に退職。復職後の目標はキャリアアップへの挑戦
5.女性ならではの気配りを生かしつつ、「変える力」を養う

Story

1.「女性の力を伸ばす」会社の方針を受けて、33歳で管理職に昇進

大学卒業後、貿易事業を行う会社に入社して経理担当となりました。その後、海外との接点が多い事業ということもあり、会社はグローバルな視点を取り入れた組織改革に取り組むことを決めます。「女性や若い力を伸ばしていく」方針が掲げられ、部長からの推薦を受ける形で管理職に就きました。当時、私は33歳で夫と二人暮らしです。

お話をいただいたときは不安のほうが大きかったのですが、夫に伝えると応援してくれました。もともと家事は夫と分担していましたが、夫が「自分の家事負担を増やすよ」と背中を押してくれたので、安心して引き受けることにしました。

ですが、いざ管理職になると、思っていた以上に大変な状況が続きます。一番つらかったのは、上司である部長と部下との板挟みになったことです。部長は他の部署から配属された方だったので、経理の仕事についてはほとんど理解していない状態でした。ときには「それは無理……」という指示をされることもありました。

部下にそのまま伝えれば反感を持たれることはわかっているものの、上司の指示を無視することもできず、間に立って精神的な疲れが重なりました。年収はアップしましたが、残業や疲労を考えると「本当に見合っているのかな?」と感じることもありました。

360degreefeedback_Female manager1

360degreefeedback_Female manager_Accounting

2.部下になった先輩や同僚との関係性に苦悩する日々

管理職になって、これまで「無駄な作業」と思っていた業務を見直し、改善しました。役職がないと、習慣になっている作業を省くのはなかなか難しいことです。蓄積してきた経験やスキルを生かすことができ、管理職としてのやりがいを感じる機会でした。

しかし、これまで先輩や同僚として接してきた仕事仲間に、上司として指示を出すのはとても難しいことです。後輩や同僚が上司になるのは、あまり気分が良いものではありません。管理職として言わなければならないことがあると理解はしていても、今まで築いてきた関係性が変わってしまったことに苦悩する日々が続きました。

そこで、意識して取り組んだのが「相手を褒める」ことです。修正点を指摘するときも、まずは良いところを褒めて、部下が気持ちよく聞き入れてくれるよう工夫しました。

女性管理職になって今後の職場に必要と感じたのは、女性がより働きやすい環境づくりです。私は子どもがいませんが、子育てをしている女性社員は仕事と家庭との両立に苦労しています。女性が本来持っている能力を十分に発揮するには、託児所手当など何らかのサポートが必要だと思います。

360degreefeedback_Female manager2

360degreefeedback_Female manager_Subordinate

3.残業続きでぐったり……。家事ができない私を夫が支えてくれた

管理職になる前は、決まった時期にしか残業がありませんでした。一方、夫の仕事は激務です。朝は私よりも先に出勤しますし、残業も多い仕事です。そのため、夫婦共働きといっても、ほとんどの家事を私が担当していました。

しかし、管理職になってからは残業も増え、これまでの生活が一変します。家に帰るとぐったりとしてしまい、そのまま何もせずにソファで寝てしまうことも度々ありました。ストレスのせいか何もやる気になれず、家事ができない日が続きます。

その間、家事をしてくれたのが夫です。さいわい、夫と衝突することはありませんでしたが、夫も疲れているはずなのに本当に申し訳ない気持ちになりました。いつもなら、休日になると「出かけよう」と提案する夫が一日中寝て過ごすようになったので、本当に疲れ切っていたのだと思います。

当時は、夫婦の時間も自分のための時間もほとんどとれない状態でした。理想は、仕事の充実感を得られるようにがんばりつつも、夫婦で楽しむ時間、自分自身のための時間を持てるバランスのとれた生活です。

360degreefeedback_Female manager_Actuality and ideal

4.夫の転勤を機に退職。復職後の目標はキャリアアップへの挑戦

管理職として、会社や部下の役に立ちたいという思いで働いてきましたが、夫の転勤を機に退職することにしました。夫の昇進がかかっていましたし、家事の負担で夫に迷惑をかけてしまった反省もあり、転勤先についていくことを決意しました。数年後に戻ることが決まっているので、そのときは同じ会社に復職する予定です。

復職後の目標は、キャリアアップです。私は課長職でしたが、課長にできることは限られていました。業務の効率化、古い体制の見直し、働きやすい環境づくりなど、変えるべきことはまだまだあります。とくに経理は決算時期に残業が続きますが、それも変えたいと考えています。

これらを実現するには最低でも部長職に就く必要があるので、チャレンジしたいと思っています。家庭に入るのは性に合わないですし、仕事はずっと続けるつもりです。5年後や10年後は、女性管理職としてバリバリ働いていたいです。

5. 女性ならではの気配りを生かしつつ、「変える力」を養う

管理職を目指すのであれば、速く的確に仕事をする力をつけなければなりません。また、納得できないことがあっても、ぐっと堪える強さも必要です。働いていれば、腑に落ちないと感じる場面はあるものです。しかし管理職になると、発言力や影響力が大きくなります。本当に変えたい意思があるなら、まずは力をつけて、管理職になってから改善すべきことを推進していくのが近道ではないかと思います。

女性が管理職になることに反対する人や、嫌味を言う人がまだまだいるかもしれません。しかし、世の中的にも女性の活躍が後押しされています。女性には、細やかな気配りが得意という特性があります。女性ならではの視点を生かしながら、日々の仕事に励んでほしいなと思います。

ときには「楽をしたい」という気持ちになることがあるかもしれませんが、管理職は部下の仕事ぶりを日ごろからチェックしています。管理職への昇進は、推薦されるかどうかが大きく影響します。まずは与えられた仕事をきちんとこなして、周囲に「できる人」という印象を与えることも大事だと思います。

360degreefeedback_Female manager3

360degreefeedback_Female manager_Conjugal time

まとめ

管理職に昇進し、それまで先輩や同僚として接してきた仕事仲間が部下になるケースは少なくありません。さくらさんのように、関係性の変化に悩んだり、上司と部下との板挟みになったりして、精神的な疲労が蓄積されてしまうこともあるでしょう。

女性管理職が苦悩することの一つに、部下の心理的な反発があります。さくらさんは「相手の良いところを褒めて、やる気を引き出す」というやり方を見つけて、上司と部下としての新たな関係性を構築しました。

家庭を優先して、いったんは退職したさくらさんですが、復職後のキャリアプランもしっかり描いています。5年後、10年後という長いスパンで仕事と家庭を考えているからこそ、今優先すべきことを勇気を持って判断できたのではないでしょうか。

苦悩しながらも、女性管理職として成すべきことを着実に実現していったさくらさん。彼女の姿勢や考え方から多くのことを学べます。

 

-関連記事:女性管理職~それぞれのStory~<RIさん 管理職→一般職→エリア限定管理職>
https://www.realone-inc.com/information/femalemanager223091/

 

SNSでシェア

Archive :

03-3666-1702

[営業時間] 9:00~18:00